Intel CPU 脆弱性問題の続報

脆弱性対策パッチの導入中止を――「リブート問題」でIntelが呼び掛け(ITmedia)

1月初旬 Spectre/Meltdown 問題の公表から始まったドタバタが、また新たな局面を迎えています。当初は、Microsoft とマザーボードベンダーが提供する BIOS アップデートを適用するように、との Intel の見解でしたが、その後 Haswell/Broadwell では、システムが再起動を起こす確率が高くなる場合があるので、脆弱性対策パッチの適用はしないようにと前言を撤回。その後すぐに、Haswell/Broadwell だけでなく、Sandy-bridge, Ivy-bridge, Skylake, Kaby Lake といった他の世代の CPU でも同じ問題が起きることが判明。とうとう、最新世代の Coffee Lake でもやはり同じ問題が起きるので、原因が判明して新しい対策パッチができるまで、適用しないようにとの宣言がなされました。

そして、Haswell/Broadwell での再起動の原因がやっと突き止められたようです。しかし、その他の再起動の原因はまだ闇の中…本当に今、Intel CPU を買うのは時期が悪い。

「Intel CPU 脆弱性問題の続報」への2件のフィードバック

  1. ASROCKのBIOSリストから、最新のが消えましたね・・・
    今のところ、自分はまだUPしてなかったのですが

    さてさて、どうなるやら・・・

  2. 見事に消えましたね(笑)
    私のところでは幸い強制再起動やブート不可などは起こっていませんが(ベンチマーク結果のスコアダウンは有り)…
    多分なにかしら公表されてない条件もあって、それに該当する人たちのところでは問題が起きる可能性が高いってことでしょうね。当方は幸運にもその条件から漏れていた…と思いたい!(笑)

arima へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です