eLTAX ばりおせえ

給与支払報告書(統括表、個人別明細書)と普通徴収申請書を提出しようと思って、eLTAX なるものに手を出してみましたよ。先年のうちに使えるようにはしておいたはずなんですが…いざ今日やろうと思ったら、ク○おせえ!

おっと、お下品だったので、方言で言い直しますね。ばりおせえ!

バージョンアップ処理中の間に、印刷した紙を久留米市役所市民税課に持っていって提出して、もう帰ってきたではないか。しかも、ブログ書いてる間にもまだバージョンアップ処理終わらんし…

ちなみに、似たようなシステムの e-TAX はここまで時間かかりませんでしたよ(*sigh*)

WG1800HPにファームウェアアップデートが来た

http://www.aterm.jp/product/atermstation/info/2017/info1130.html

正直、諦めていた。1800HP2が発売されてから、1800HPはなかったもの扱いされていたので。機能アップのファームウェアもHP2には提供されるのにHPには提供されなかったり。でも、今回のKRACKs騒動は大々的に報道されたので、全機種網羅的に対応したのかな。日本企業の底力を感じた。(おおげさ?)

その Wi-Fi 危ないってよ!(WPA2に脆弱性発覚)

昨日、栃木県在住の妹家から、無線LANルーターを買い換えるので機種選定をやってほしいとの依頼があり、快く引き受けたところです。しかし、時期が悪い。冗談じゃなくて、時期が悪い。
↓こういう記事がちょうど出回っているタイミングだからです。

Wi-Fiを暗号化するWPA2に脆弱性発見 ~対応のあらゆる機器が影響(PC Watch)

昔から無線LANのセキュリティと、それを突破しようとする技術とはいたちごっこの関係ではありますが、ついに現時点で最強の無線セキュリティであるはずの WPA2 に、脆弱性が発覚しました。後継規格が決まる前に WPA2 が完全突破されるようなことになると大変まずいのではないかと、あちこちで大騒ぎです。

上記の記事にさらっと書いてありますが、今回脆弱性が発見されたのは WPA2 の暗号技術の核である AES暗号ではなく、暗号の鍵を配布するプロトコルに不備があったのだというお話です。これがなぜいけないかというと、同じ鍵をずっと使い続けている暗号は、傍受され続けることで解読のヒントを与えてしまうからです。大量のデータを傍受した上に、暗号鍵が同一であることを仮定すると、統計的に暗号を解くヒントが得られます。

これはかつての WEP のときからあった問題です。WEP では常に同一の鍵を使うので、解読が容易になる(後発の規格に比べて)という問題がありました。その為、パケットごとに鍵を変更する TKIP を採用した WPA、さらに暗号を強化した WPA2 と進化してきたわけですが、ついにその最強の牙城が崩れたことになります。

元記事の最後には、影響範囲についての記述があります。

また、今回発見された攻撃手法は、クライアントを対象としたものであり、家庭向けのアクセスポイントやルーターは影響を受けない可能性はあるという。ルーターによっては脆弱性を持つものもあるが、クライアント機能および802.11r機能を無効にすることで、ある程度問題を緩和できるとしている。

当初の影響範囲はやや限定的なようですが、安心はできません。ご使用の機器にメーカーからのファームウェアアップデートの提供があった場合は忘れずに適用しましょう。え? メーカーがアップデートしてくれないんならどうするかって? そりゃあ買い換えるしかないでしょうね。世の中には、無線LANケーブルと呼ばれる不思議な商品があるらしいですよ、有線なのか無線なのか、はっきりしろ!ってね(^-^;)

※正式名称は「漏洩同軸ケーブル(LCX)無線LANシステム」というらしいです。

たまには技術的な話をしようか~ mod_pagespeed の話

今、ウェブサイト制作のお客様第1号のサイトを鋭意制作中です。日夜残業して作業した結果だいたい形にはなって来たのですが、今日、突然テストサイトで画像が縦長に(縦だけおよそ3倍ほど?)なるという怪現象が発生しました。キャッシュをクリアしても治りません。コーディングを見直したり、差し戻したりしても治りません。ウソだろ、もう完成間近だったのに…

背中にいやな汗が流れますが、ここは慌てず騒がず、Google先生に尋ねることにします。なかなか苦労したのですが、ついに原因がわかりました。「エックスサーバーで Google が作った高速化プラグインの mod_pagespeed をONにしている場合、画像の大きさが乱れることがある」…なんだよ!Google先生のせいかよ!

Google謹製の mod_pagespeed の中で画像の width をごにょごにょしてるらしいんですが、height は放って置かれるためにこの現象が発生するとのこと。具体的にいうと私の場合は、大きな画像をやや縮小して表示していたのですが、mod_pagespeed が勝手に max-width:100% で上書きして横幅を決め打ちするのに対して、縦幅はもとの大きさのままになるために、「横だけ縮小されたのに、縦は縮小されずに(つまりは縦長に)表示される」という現象になったわけです。

せっかくごにょごにょするんだったら自動的にアスペクト比(縦横比)を保存してくれればいいのにね。というわけで、対策としては、IMG タグの height 属性に auto を指定します。

おそらくこれで大丈夫?